STAN GETZ スタン・ゲッツ

Split Kick(10"/MONO)

10"(レコード)(2) 2,484円(税込)

※10" / MONO
■ 1962年、EMI傘下に設立されたStatesideレーベル。元々は、Deccaの”American Recordings"や、Pyeの”Pye International"のように、アメリカの音楽を英国やヨーロッパに紹介する目的で作られてレーベルであり、その使命のもと、1960年代から1970年代に掛けて、数々のR&Bやジャズ作品を送り出してきた。当時英国で起きていたモッズ・ムーヴメントやノーザン・ソウル・シーンにもStatesideからリリースされた作品が影響を与えていたという。ちなみに同時期、ここ日本でも東芝音楽工業を通じて、様々なアメリカン・ガレージ・ロックやアメリカン・ポップスの作品がStetesideレーベルの名で紹介されている。

■ そのStatesideレーベルが21世紀に復活!かつてレーベルからリリースされていた数々の音源が、アナログ・レコードを中心に復刻される!今回発売されるスタン・ゲッツの「SPLIT KICK」もその1つ。元々1954年ROOSTレーベルからリリースされた本作は、今回10インチのアナログ・レコードのモノラル音源で復活する。

■ クール・ジャズのスター・テナー奏者、スタン・ゲッツが1950年代初めにルースト・レーベルに残した歴史的なセッション音源をフィーチャーした本作に参加したのは、以下のミュージシャンたち。(ちなみに、ここに収録されているセッションの全貌は後に「The Sounds Stan Getz On Roost Vol.1 &Vol2」でCD化されている) メーカーINFOより

 【レコーディング・パーソネル】 
 《SIDE1 - 1~3》 
Bass - Joe Calloway 
 Drums - Walter Bolden 
 Masterer - John Webber 
 Piano - Horace Silver 
 Producer - Terry Reig 
 Saxophone - Stan Getz

《SIDE1 - 4》 
Bass - Tommy Potter 
 Drums - Roy Haynes 
 Masterer - John Webber 
 Piano - Al Haig 
 Producer - Teddy Reig 
 Saxophone - Stan Getz

《SIDE 2 - 1》 
Bass - Bill Crow 
 Drums - Frank Isola 
 Guitar - Jimmy Raney 
 Masterer - John Webber 
 Piano - Duke Jordan 
 Producer - Teddy Reig 
 Saxophone - Stan Getz

《SIDE2 - 2》 
Bass - Tommy Potter 
 Drums - Roy Haynes 
 Masterer - John Webber 
 Piano - Al Haig 
 Producer - Teddy Reig 
 Saxophone - Stan Getz

《SIDE2 - 3&4》 
Bass - Joe Calloway 
 Drums - Walter Bolden 
 Masterer - John Webber 
 Piano - Horace Silver 
 Producer - Teddy Reig 
 Saxophone - Stan Getz 
 

03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。