商品詳細情報

エチオピーク・シリーズVOL.21で登場した彼女。エチオピークスの中でもとりわけ異色と言われた彼女のスタイルはアフリカの教会音楽にエリック・サティをはじめとする西洋クラシックの要素を加えたもの。アンビエントともポスト・クラシカルとも言える一方で、エチオピア特有のオリエンタリズムが充満したメロディが同居するその独特のスタイル。

1923年、首都アディス・アベバで生まれ。かなり裕福な家庭で育ったようで、6歳から10歳までの数年間をスイスへ留学しています。そこで、西洋音楽や楽器を学び、帰国後、第二次エチオピア戦争を経験し、彼女と家族は捕虜としてイタリアへ。戦争が終わり、19歳でシスターへの道を選びました。修道院ではエチオピアの宗教音楽、伝統音楽を習得し、スイス留学時に習得した西洋音楽をベースにこれまで聴いたことのない旋律とチルアウトなサウンドを聴かせてくれます。彼女は当時レコードもリリースしていますが、それは貧しい子どもたちに少しでもマシな食事をさせるためだったといいます。音楽でエチオピアを切り開こうとしたマザー・テレサのような人間性も素晴らしいアーティストです。そんな彼女ですが1970年代以降のエチオピアの政治的混乱の最中、ついに1984年にエルサレムへ移住。現在93歳でご存命だそう。(2016年)
(SOUL/BLUES部門 下北沢店勤務 小山 )

▼上記のレビューはVOODOOFUNK来日時のこちらのSOULBONANZAさんのブログに掲載されている文章をもとにしました。
http://soulbonanza.com/voodoofunk/?p=2751







TSEGUE MARYAM GUEBROU / セグー・マリアン・ゲブロー / ETHIOPIQUES VOL.21TSEGUE MARYAM GUEBROU / セグー・マリアン・ゲブロー / SPIELT EIGENE KOMPOSITION

AFRO/ETHIOPIA/At last! The second LP in our ongoing series of releases from Mariam - Tsege Gebru! More 1960's recordings of her truly unique solo piano performances.Mariam - Tsege Gebru is a true original - her playing is somewhere between Erik Satie, Debussy, liturgical music of the Coptic Ethiopian Church,and Ethiopian traditional music. It is some of the most moving piano music you will ever hear! All original compositions available for the first time on vinyl beyond the original early 1960's editions,which are completely impossible to find. Old school "tip on" cover with gold foil printing. A must have master piece for anyone who needs some spiritual comfort



模様が輝いています。金色の折り紙のような感じです。




そしてこの模様、日本では麻方模様、麻の葉模様、麻柄などと呼ばる模様とそっくりです。



 

ソングリスト

  • A1.Mothers Love
  • A2.Ballad of the Spirits
  • A3.Song of the Sea
  • A4.Homesickness
  • A5.Golgotha
  • B1.Jordan River Song
  • B2.Garden of Gethesemanie
  • B3.Song of Abayi
  • B4.Story of the Wind
  • B5.Evening Breeze
  • B6.Tenkou!Why Feel Sorry?