商品詳細情報

ヴィブラフォン × エルメート・パスコアルの組み合わせ、これは間違いありません! ジャズ、ポップス、映画音楽、ミュージカル、クラシック、ジャンルを超え、どの分野でも第一線のユニットで活躍する才能エリック・チャールストンが再びエルメートの世界をアレンジ!! 2012 年リリースの『Essentially Hermeto』に続く注目作!

<以下、サプライヤーインフォより>

★ウィントン・マルサリス、フレッド・ハーシュ、スティーヴ・コールマン、ジェイムス・カーター等々、名だたるジャズ・ミュージシャンと共演。ポップ・ミュージック(w.スティング、B.ジョエル、E.ジョンら)、映画音楽、ブロードウェイ・ミュージカル、クラシック音楽と、幅広いフィールドで活動するヴィブラフォン奏者、エリック・チャールストンが再び、敬愛する鬼才エルメート・パスコアールの音楽に取り組んだ最新作!
★シカゴに生まれ、もともと、ジャンルの垣根なく幅広い音楽に魅了されてきたチャールストン。多種多彩な音楽を融合し、誰も真似のできない予測不能な世界を創り上げるパスコアールの音楽に出会って、即、魅了されたとのことですが、本作は、2012 年にリリースされた『Essentially Hermeto』に続く、エルメート・プロジェクトになります。
★数年間の時を経て、レパートリーも増やし、レコーディングの機も熟した2017 年、チャールストンは、ジャズ/ ブラジル音楽双方に精通する以前からのメンバーを招集してアヴァター・スタジオに再集合(オリジナル・メンバーのパーカッショニストの代わりに今回は小川慶太が参加)。その成果が本作に結実しました。
★躍動するバイヨンのリズムで演奏する強力なオープニング“Voz e Vento”をはじめ、めくるめくように変貌をみせながら、つむじ風のように渦巻くグルーヴをつくりながら、伝統的なショーロとの融和をみせる“fatima”などは、エルメート音楽の本質を確かな土台としながら、チャールストン独自の世界に描きあげる、興味深いリアレンジ!一方、マラカトゥのリズムとブルースのフォームを融合さえたオリジナル曲あり、エルメートと共に、ブラジル音楽の大巨匠であるエグベルト・ジスモンチの名曲“Lolo”なども演奏。また、2 人のパーカッショニストの生み出すエネルギーを得てダイナミックなサンバの演奏となる“Aquela Coisa”、そして、陽気なムードのなか、遊び心もたっぷりに、速度を上げながら駆け抜けるような“Nas Quebradasと、ラスト2 曲の展開も聴きものです。
★唯一無二といえるエルメート・ワールドに魅了された音楽家の興味尽きないトリビュート作品の登場です!

 

メンバー:Erik Charlston(vibes, marimba, vo M2,6), Ted Nash(saxes, fl, cl), Mark Soskin(p, melodica M9), Jay Anderson(b),Rogério Boccato(ds, perc), Keita Ogawa(perc)

ソングリスト

  • 1. Voz E Vento (Hermeto Pascoal)
  • 2. A Gandaia Das Ondas/Pedra E Areia (Lenine)
  • 3. Maracatu Blue (Erik Charlston)
  • 4. Os Guizos (Hermeto Pascoal)
  • 5. Fátima (Hermeto Pascoal)
  • 6. Alegria Do Vaqueiro (Traditional)
  • 7. Nem Um Talvez (Hermeto Pascoal)
  • 8. Lôro (Egberto Gismonti)
  • 9. A Fala Da Paixão (Egberto Gismonti)
  • 10. Aquela Coisa (Hermeto Pascoal)
  • 11. Bonus Track: Nas Quebradas (Hermeto Pascoal)