♪ロレツ・アレキサンドリアの1977 年録音作品『フロム・ブロードウェイ・トゥ・ハリウッド』が世界初CD 化!♪
■ロレツ・アレキサンドリア / フロム・ブロードウェイ・トゥ・ハリウッド / ART UNION / CD / 2,500円(税込)
[ 紙ジャケ ] [ 特典有 ]



ロレツ・アレキサンドリアの1977 年録音作品『フロム・ブロードウェイ・トゥ・ハリウッド』が世界初CD 化!

※オリジナルLP 復刻紙ジャケットCD

従来のジャズ・ヴォーカルのフィールドはもとより、クラブ・ジャズ~レア・グルーヴという側面でも注目を集める作品。アレキサンドリアの作品中最もCD 化が望まれていた1枚!!
1950 年代後半からキング、アーゴ、インパルスといったレーベルでコンスタントに作品を発表し続けたアレキサンドリアが、1960 年代の終わりにプザズで2枚の作品を録音、およそ8年の沈黙の後、復帰第一作として発表されたのが本作。
この後、ディスカヴァリーなどのレーベルで次々と作品をリリースし、アレキサンドリアの新たなスタート地点となった、彼女の経歴の中でも意義深い作品。オリジナル盤はトリオ・レコードからリリース。

録音は1977 年8 月15 日、29 日と10 月21 日にハリウッドで行われた。
タイトルの『フロム・ブロードウェイ・トゥ・ハリウッド』は、本作がブロードウェイ・ミュージカル『ア・コーラス・ライン』のナンバー「ワン」で始まり、映画『ココナッツ・グローヴ』の主題歌「ユー・リーヴ・ミー・ブレスレス」で終わることに由来。
全体的な内容も「カム・サンデイ」と「ザ・ブライト・ライツ・アンド・ユー」以外はミュージカルもしくは映画音楽のカヴァーで構成されている。
編曲はピアノで参加しているアート・ヒラリーもしくはギルド・マホーネスが担当。
英ジャズマンからシングル盤で再発され、同レーベルのコンピレーション『ホワット・イズ・ロング・ウィズ・グルーヴィン』に収録された「センド・イン・ザ・クラウンズ」も収録された、まさに待望の作品!(新譜案内より)

PERSONNEL:
LOREZ ALEXANDRIA, VOCAL
TRUMPETS: BLUE MITCHELL, SNOOKY YOUNG,
BUDDY CHILDERS
TROMBONE: FRANK ROSOLINO
SAXOPHONES FLUTES: MARSHAL ROYAL, ERNIE WATTS,
DON MENZA, HERMAN RILEY
PIANO: ART HILLERY, GILDO MAHONES
GUITARS: ARTHUR ADAMS, KENNY BURRELL
BASSES: STANLEY GILBERT, ANDY SIMPKINS
DRUMS: JIMMY SMITH

★ディスクユニオン限定特典 オリジナル帯付★


【お問い合わせはコチラまで】
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
TEL: 03-3461-1161
e-mail:
dp3@diskunion.co.jp


03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。