ROMERO LUBAMBO & WEBER DRUMMOND / FACE TO FACE フェイス・トゥ・フェイス(輸入CD/¥1990)

ROMERO LUBAMBO.jpg

★渋谷JAZZ/RARE GROOVE館公認マスターピース!!これは心底素晴らしい!!

今をときめく、ブラジリアン・ギタリストの最高峰ROMERO LUBAMBOの名盤復活。
ガット・ギター弦のメーカーに残された、ギター+ピアノのデュオのブラジリアン・
インストゥルメンタルにおける希有の傑作アルバム、十数年の時を経て再CD化。
ジャズ系ブラジリアン・インストゥルメンタルのプレイ・スタイルとして人気の高いガット・ギター&ピアノのデュオ。これまで数々のプレイヤーたちが、このスタイルで作品を残してきたが、90年代作にも関わらず、リリース時より多くのファンを魅了し、絶版となって久しい現在でも語り継がれる名盤が本作「FACE TO FACE」。ガット・ギターの弦を製造するメーカー「GSP」社がリリースした93年オリジナル・アルバムで、十数年ぶりの再CD化となる。

ギターは、多くのセッションにファースト・コールとされ、最新作のMAX JAZZ盤をはじめ、リーダー・アルバムも各国で高い評価を得ている達人ホメロ・ルバンボ。そしてエレクトリック・ピアノには、若手実力者のウェベール・ドラモンドを起用。ウェベールは、98年のタンバ・トリオの来日再結成時に、故ルイス・エサに代わるピアニストとして参加したことで、マニアの間でも知られる逸材でもある。

そんな二人のみによって作られるサウンドは、単に楽器同志の掛け合いという枠を越え、演奏を通じて会話を交わし、魂を融合させているかの如きコラボレート。レパートリーは、M-1「Toucan' dance」(Dori Caymmi)、M-4 「Frevo」(Egberto Gismonti)、M-10 「O trenzinho do caipira (Villa-Lobos)」といった、ブラジル・インスト曲の、いわば定番をはじめ、それぞれのオリジナル曲も秀逸。 時に激しく、時に切ない「サウダージ」の精神を弦と鍵盤に集約されているといっても過言ではない。キャリア中で最も生き生きとした音色を発するホメロ、それに呼応する気鋭ウェベール。聞き進めるごとに、心酔していくブラジルの息吹がここにある。この二人でのデュオ作は94年に続編「TWO」もリリースされている。

ブラジル・インスト・ファンはもちろん、ジャズ・リスナーにも強力に推薦できる新名盤。

【TRACKS】   1 Toucan' dance (Dori Caymmi)
2 The joy of a pie (Weber Drummond)
3 48th street baiao (Romero Lubambo)
4 Frevo (Egberto Gismonti)
5 Camila (Weber Drummond)
6 Fique quieto seu (Weber Drummond)
7 Orange tango (Weber Drummond)
8 Saudades de Queluz (Lyrio Panicali)
9 Frevo camarada (Romero Lubambo)
10 O trenzinho do caipira (Villa-Lobos)
03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。