11/5 注目のブラジル新譜が到着しました!
● ORQUESTRA SAGA / SOCIDADE AMIGOS DA GAFIEIRA
● DUDUKA DA FONSECA / PLAYS TONINHO HORTA
● JANE DUBOC / スウィート・フェイス・オブ・ラヴ
● JAIME ALEM / DEZ CORDAS DO BRASIL

● ORQUESTRA SAGA / SOCIDADE AMIGOS DA GAFIEIRA
SESC SAO PAULO / BRA / CD / 3,500円(税込)

サンパウロの重量級ブラス・インスト・チームとして知られるバンダ・マンチケイラ、同じくサンパウロで99年に結成された実力派楽団サウンドスケープ・ビッグバンド、そして今をときめくサンバ・ファンク・ミクスチャーの機種ファンク・コモ・レ・グスタに所属する若きメンバーが中心となって結成された、新時代のガフィエイラ(ダンスホール)・プロジェクト・ユニットが、このオルケストラ・サガ。
企画したのは、あのセウ・ジョルジ。悠久のダンス・ホールを想起させる伝統的なガフィエイラ・パーティーをテーマに取り上げ、ゲストを迎えた新旧入り混じるミュージシャンの個性が絡み合った迫力の演奏が展開された素晴らしい作品。古典名曲が斬新なアレンジでアップデートされ、さらにはバンド・オリジナルのコンポジションも粋なバランソ。ゴージャスでありながら、スタイリッシュな質感は、昨今のMPBシーンでも稀有の存在で、あのオルケストラ・インペリアルに近い衝撃だ。
参加メンバーにも注目。セウ・ジョルジをはじめ、ガブリエル・モウラ、ファビアーナ・コザという実力派シンガーから、ウィルソン・ダス・ネヴィス、パウロ・モウラ、ボカート、そして"バンダ・マンチケイラ" のブレインでもある名手ナイロール・プロヴェータと、このプロジェクトならではの好手が集う。多くのブラジル・ファンの心を掴む迫力のサウンドは、一度聴いたらハマること必至!!

○ ARTIST SITE




● DUDUKA DA FONSECA / PLAYS TONINHO HORTA
ZOHO MUSIC / US / CD / 1,700円(税込)

純正ブラジリアン・ジャズのピアノ・トリオ久々の新録傑作。ここに誕生!!
ホメロ・ルバンボ率いるトリオ・ダ・パスのドラマーとして活躍する他、US在のブラジリアン・コミュニティや、N.Y.ジャズのメイストリーム・シーンでもその名を知らしめる名手、ドゥドゥカ・ダ・フォンセカが率いるピアノ・トリオ・ニュー・レコーディング。
そのテーマは、なんとトニーニョ・オルタの楽曲のみをピアノ・トリオ・ジャズでプレイするという、聞く前から鳥肌モノの感動を呼び起こしそうな逸品。
オープニングは、トニーニョの象徴的な旋律「AQUI, OH!」。スタイリッシュなジャズ・サンバに仕立て上げられた音に、このアルバム全編の素晴らしさを早くも予感。トニーニョのミディアム・ナンバー傑作「MOON STONE」では、その奥深い味わいを一音ずつに滲ませ、陶酔へと誘う。トニーニョの最高傑作曲と言われる「AQUELAS COISAS TODAS」では、その流麗でドラマティックなメロディと、疾走するリズムを上質のアンサンブルで表現。その他のトニーニョ・ナンバーも、原曲の持つ味わいを、トリオの絶妙なタッチで新たな魅力が引き出された全9トラック。いずれも感動と興奮を覚える素晴らしさだ。
ドゥドゥカを支える若手のピアニスト、ダヴィヂ・フェルドマンは、ブラジルEMIからリーダー作を放った若き才能。そしてグート・ヴィルッチも、ドゥドゥカの寵愛を受ける本格派ベーシストとして売り出し中の気鋭プレイヤーだ。


● JANE DUBOC / スウィート・フェイス・オブ・ラヴ
JPN / CD / PCD93460 / 2,415円(税込)

1970 年代後半MPB 黄金時代にデビューし今なおその輝きを保ち続けるシンガー、ジャニ・ドゥボキ最新アルバム!ゲストに至宝ミルトン・ナシメント、トニーニョ・オルタのミナス巨人2人と、エリス・レジーナの愛息ペドロ・マリアーノや白ジャヴァン、ジョルジ・ヴェルシーロを迎えた極上MPB サウンド! ※メーカーインフォより


● JAIME ALEM / DEZ CORDAS DO BRASIL
REPIQUE BRASIL / BRA / CD / 2,400円(税込)

ジャイミ・アレン:古くは夫婦デュオ、ジャイミ&ナイールでの作品や、ジョビンやシコ、ミルトンらの楽曲をラウンジ調にアレンジしたシリーズものアルバムのプロデューサーとしてLP時代は活躍。コレクターからも支持を集めるなど、知る人ぞ知る存在であったが、近年ではマリア・ベターニアのバイーアを中心とした色彩豊かな素晴らしい作品群を手掛け、より広くMPBファンに認知されるようになってきたギタリストだ。意外なことにも彼の人生で初となる自身名義でのソロ・アルバムがリリース。2009年にレコーディングされていたもので、彼の音楽表現の源泉となるブラジル各地のフォルクローレや、そこに着想を得た、美しいギターソロ・アルバム。しかも10弦ギターを中心としたブラジルの詩情をたっぷりと感じられる素晴らしい一枚だ。
5コースに複弦を張り全部で10弦。ビートルズも使用した12弦ギター、アルセニオ・ロドリゲスでも有名なキューバのトレス、ピアノのルーツとも言われるインドのサントゥールなど、時代を問わず世界中で親しまれる複弦楽器であるが、ブラジルにおいては主にショーロで用いられるバンドリン(ブラジル風マンドリン)、そして今回ジャイミが使用しているヴィオラ・カイピーラ(=田舎のギター)と呼ばれる2種類が主に用いられる。複弦ゆえ単弦よりも撥弦の際の空気の振動が大きく、聴く者からすると非常に豊かな音として捉えられるのが特徴であり、とりわけ詩情に溢れる田舎の風景を表現するのには最適である。しかし、そんなヴィオラ・カイピーラをたっぷり堪能できるアルバムというのは、日本で紹介されている限りでは多くはない。ブラジル音楽の豊かさを体現できるギタリストの一人として挙げられるジャイミ・アレンが、敢えてヴィオラ・カイピーラのアルバムをリリースするというのは意義深い。
1小節2小節といった小さな枠の中ではなく、楽曲全体を通じて感じることのできる壮大な音世界。ドリヴァル・カイミの録音から感じられる寄せては返す波のようなゆったりとしたスウィングは、なかなか体得することのできない部分であり、それこそがブラジル音楽の「核」とも言えよう。眼前で繰り広げられているかのような生々しい弦の響きと、確かな技術に裏打ちされたスピード感溢れる演奏で、硬軟織り交ぜながら聴き手を楽しませてくれる。年に何十枚とリリースされるブラジル・インスト・アルバムの中でも特異であり突出した1枚。MPB界きってのマエストロが描くブラジルの原風景を心から堪能したい。
03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。