● DEMETRIUS LULO E PAULA MIRHAN / CAFE DA TARDE
FONOMATIC / BRA / CD / 2,100円(税込)

ギターと歌で、午後のカフェ・タイムをくつろぎたい…。ブラジル音楽の最もシンプルで美しい魅力を心から味わいたい…そんな望みを高貴でドラマティックに叶える、完璧な1枚がここにある。鳥肌が立つほどに素晴らしい…。
午後の陽光が淡く差し込む小部屋で、仲睦まじい若い男女が、コーヒーを嗜みつつ、自然に湧き上がる美しいメロディをギターと共に口ずさむ・・・。ここは二人だけの世界。親密な空間の中で、時はゆったりとながれる・・・そんな情景、耳にするだけで叶えてくれる素晴らしい1枚。

se essa rua ※親密で感動的!!


これは、近年のギター&ヴォーカルによるブラジル作品の中では、間違いなく5指に入る。ヘナート・モタ&パトリシア・ロバートのデュオが持つ美的感性に近いながらも、さらにシンプルに、そしてより繊細なハーモニー。なんて豊かな響きなんだろう・・・そこには理由など無い。飾らない二人が歌う、それが、聞くものの心をとき解す...ただ、それだけのこと。
ナラ・レオンやワンダ・サーがメネスカルと演じたのがボサ・ノヴァであるならば、この1枚はもっとずっと彩り豊かなだ。サンバ、ショーロ、ヴァルサ、ノルデスチ、ミナス、セルタォン・・・素材の持つオーガニカルな資質を、ギターと歌だけで捉えているところに、もしかしたら、引き込まれる理由があるのかもしれない。決して、和みを誘発するだけではない、確かな「音」の存在感。#2を聞いて欲しい。流例に刻む8/6拍子のリズム、絶妙に配音されたセブンス・コードの展開と、柔らかく折り重なる二人のヴォイシング・・・鳥肌が立つほどに美しさ際立つのだ。
詳しいクレジットは無くとも、その感動は伝わるかもしれないが、やはり触れておかなければなるまい。男性は若手ギタリスト/作曲家としてサンパウロで頭角を表すデメトリウス・ルーロ(♂vo. /g)。そして、女性のパウラ・ミリアン(♀vo.)は、上述のトラック#2をデメトリウスと共作したギタリスト、ヴァグネル・バルボーザとのデュオで「AMANHECER」というスタジオ&ライブの傑作を残した、あの魅惑の女性歌手だ。
楽曲では、アーティスティックMPBの逸材として注目されるTO BRANDILEONEとCELSO VIAFORAの共作による優雅な変拍子(#3)、ランブリング・レコードからリリースされた好作「コーヒー&ミュージック」のタイトルとしても慕われたGIANA VISCARDI作(#4)、DANILO MORAESとRICARDO TETEのコンビの佳曲で、デメトリウスのヴォイス・トロンボーンの挿入も印象的な#6、DANTE OZETTI&LUIZ TATITというアングラ系作家の旋律を、レゲエ調に遊び綴るラストまで。構成までも完全な形で仕上がった9つの小曲集。
ブラジル音楽のファンに捧ぐ・・・などとは言わない。素直な感動と自然な癒しを求めるすべての音楽リスナーの皆様に、ぜひ大切な人と一緒に聞いていただきたい。

○ official site
03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。