● FABIANA COZZA / FABIANA COZZA
FABIANA COZZA / BRA / CD / 2,500円(税込)
● TIBLESS / AFRO-BEAT-ADO
FONOMATIC / BRA / CD / 3,000円(税込)
● 5 A SECO / AO VIVO NO AUDITORIO IBIRAQUPUERA (CD+DVD SET)
5 A SECO / BRA / CD+DVD / 5,000円(税込)
● TRES EM 3×4 / UM RETORATO DA VALSA BRASILEIRA (DIGIPACK)
KALAMATA / BRA / CD / 2,400円(税込)
2/9(木)ブラジル直輸入便が入荷!
サンバ女性ヴォーカル好作品ファビアーナ・コッツァ新作、ドナチーニョ、カシンらが脇を固めるサン・パウロ産メロウ・グルーヴの注目作品、サンパウロの新興作曲家=ノヴォス・コンポジトーリスが揃い踏みの注目ライブCD+DVDセット、そして悠久のヴァルサに焦点を当てた好インストゥルメンタルまで!

● FABIANA COZZA / FABIANA COZZA
FABIANA COZZA / BRA / CD / 2,500円(税込)

全サンバ・ファンが待ちわびた作品の登場!! シーンをリードする本格派女性サンビスタ、ファビアーナ・コッツァの約3年ぶりとなるスタジオ録音がリリース。アフロ・ルーツを伸びやかな歌声で体現する様は、クララ・ヌネスを彷彿とさせる渾身の3rdアルバム!!
タイトルはずばり「ファビアーナ・コッツア」。実力認知度、ともに充実極める彼女の魅力をたっぷり堪能できる自信のタイトルである。プロデュースは数々のサンバ・アルバムを手掛けるプロデューサー兼7弦ギター奏者パウラォン。知識経験ともにサンバを知り尽くした男の手堅いプロデュースを得て、これまでの作品以上にグッと王道サンバ色を強めたアレンジが好感。小気味よいカヴァキーニョのカッティング、複雑かつ精緻に構築されたパーカッション・アンサンブル・・・。オーソドックスでありながらパーフェクトな演奏を得たことで、これまでになく「サンバを歌う」ことに愉しみを覚えた印象が強いファビアーナ。その歌声に貫録も増している。ミドル・テンポの楽曲でも適度なグルーヴを保ちながらバンドを牽引する歌手然とした姿は、あのレニー・アンドラーヂにも至近。
レパートリーもElton Medeiros, Delcio Carvalho, Nei Lopes, Wilson Moreira, Wilson das Neves, Sombrinha,Roque Ferreira, Ivor Lancellotti, Wanderley Monteiroといった巨匠たちによる楽曲から、Fabiano Ramos Torres,Kiko Dinucciといった気鋭の作曲家までをも取り上げる慧眼もさすがの一言。演奏・歌・レパートリー、どれをとっても最上級の爽快な内容。サンバ・ファンならマストの一枚だ。

○ OFFICIAL SITE



● TIBLESS / AFRO-BEAT-ADO
FONOMATIC / BRA / CD / 3,000円(税込)

コレはおもしろい!詳細は不明ですがサン・パウロの作曲家/ギタリスト/ヴォーカリスト、チブレスのデビュー・アルバム。サウンド的にはジャミロクワイ+アフロビートなアーバン・メロウ・グルーヴ。ドナチーニョの打ち込み、カシンやダヴィ・モラエスといった旬のサポートによる生音が違和感なく結びついています。そしてチブレスによる少しかすれ気味なR&Bマナーなヴォーカリゼーション・・・。このサウダーヂはパウラ・リマを髣髴させます。





● 5 A SECO / AO VIVO NO AUDITORIO IBIRAQUPUERA (CD+DVD SET)
5 A SECO / BRA / CD+DVD / 5,000円(税込)

Vinicius Calderoni , Tó Brandileone, Leo Bianchini , Pedro Altério, Pedro Viáfora・・・ソリストとしても活躍するSSW5人によるスペシャル・プロジェクト。サンパウロMPB新潮流の一翼を担う才能が繰り広げるライブは、そのセンシティヴなメロディーと、フォーク/ギター・ロックを嗜むミュージシャンズ・ポリシーを滲ませたギターサウンドで、サンパウロに新しい音を求めるセンシティヴなオーディエンスの心を捉えたステージだ。スペシャル・ゲストには、Maria Gadu, Lenine, Chico Cesar, Dani Blackといった時代の寵児も出演。これは、UP TO DATEなブラジル・ファンなら必聴。セットのDVDはCDより多い全18トラックを収録。




● TRES EM 3×4 / UM RETORATO DA VALSA BRASILEIRA (DIGIPACK)
KALAMATA / BRA / CD / 2,400円(税込)

ブラジル気鋭楽士トリオによる清流のような音色に溢れたインストゥルメンタル・アルバム。クラシカルで美しい洗練のワルツをテーマにした極上サウンド。ビア・ゴエス(vo/flute)、ヒカルド・ヴァルヴェルヂ(vibe/per)、シルヴィア・ゴエス(piano/arr)の3人で構成されたインスト・ユニット"トレス・エン3X4"。
「UM RETRATO DA VALSA BRASILEIRA(ブラジル産ワルツの肖像)」と題された本作の素地は、悠久の古典インストゥルメンタル「ヴァルサ」に遡る。オーストリア、ドイツで発祥したワルツ音楽がブラジルに輸入されたのが19世紀初頭。リオ・デ・ジャネイロの社交サロンで踊られていたという。後のブラジル大衆音楽の始祖と言われるショーロ/クラシック音楽家、エルネスト・ナザレー、ヴィラ・ロボス、ピシンギーニャらが現れ、「ヴァルサ」を洗練させる。いうなればブラジル音楽がその誕生以来持ち続けている性質の一部であるヨーロッパ的ソースは、この「ヴァルサ」がルーツにあると言える。
彼らの面白みは、まさにこの「ヴァルサ」ルーツに焦点を当てている点にである。先述のピシンギーニャはじめドリヴァル・カイミ、アントニオ・カルロス・ジョビン、シコ・ブアルキといった後のMPB/BOSSA NOVA世代の偉大なる作曲家達に脈々と根付くヴァルサの美しさを、洗練の極みと言った演奏と、ビア・ゴエスの蕩けるような歌声で演奏していく。いわゆるショーロ的なスピード感とスウィングによるスリリングさではなく、ハーモニとメロディに細心の注意を払いながら空間を構築していくようなアレンジは、まさに19世紀のブラジルのサロン的であり、他方で21世紀の今に求められる音響芸術的な側面も持つ。なるほど、3人でありながら万華鏡のように3点が自在に交わり、変化し、多彩な模様を形成していく様は、アートワークとリンクしてくる。
弦楽器無し、ヴィブラフォン入りという変わって編成で演奏される名曲群から、古のブラジル音楽に思いを寄せるもよし、ただただ美しいメロディを楽しむもよし、ほのかに漂うメランコリアに身を任せるもよし。素直に美しいブラジル・インストゥルメンタル好作品だ。

【TRES EM 3×4】
Silvia Goes - piano
Bia Goes - flute, vocal
Ricardo Valverde - vibrafone, percussion minor

● LABEL SITE
03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。