● ROBERTO GUIMARAES / アモール・セルティーニョ
プロダクションデシネ / JPN / CD / 2,625円(税込)

ミナスMPBの神髄、ここにあり…。優しく穏やかで、切ないメロディのサンバ/MPBの名曲の数々だけがぎっしり詰っています。ミナスの男性SSW/作曲家、ホベルト・ギマランエスが、ロー・ボルジスなどのシンガーをFt.して作り上げた幻の傑作『アモール・セルティーニョ』。
● ROBERTO GUIMARAES / サウダーヂ・ヂ・ミム
プロダクションデシネ / JPN / CD / 2,625円(税込)

メロウでメランコリック、でもしっかりと心に響き渡るサンバ/MPBの名曲の数々だけを収録。知られざるミナスの男性SSW/作曲家、ホベルト・ギマランエスが、トニーニョ・オルタなどのゲストヴォーカルをFt.して自身の楽曲を歌わせた奇跡的な名作『サウダーヂ・ヂ・ミム』。まさかの前作超えの逸品です。

● ROBERTO GUIMARAES / アモール・セルティーニョ
プロダクションデシネ / JPN / CD / 2,625円(税込)

ミナスMPBの神髄、ここにあり…。優しく穏やかで、切ないメロディのサンバ/MPBの名曲の数々だけがぎっしり詰っています。ミナスの男性SSW/作曲家、ホベルト・ギマランエスが、ロー・ボルジスなどのシンガーをFt.して作り上げた幻の傑作『アモール・セルティーニョ』。
ジョアン・ジルベルトの1960年の傑作2ndアルバム『O amor, o sorriso e a flor』に収録された隠れた名曲「Amor Certinho」の作曲を手掛けた人物ながら、あまりその名を知られる機会の無かったミナスの偉大な才能、ホベルト・ギマランエスが、自身名義で残した2003年の作品が本作『アモール・セルティーニョ』です。パシフィコ・マスカレーニャスを中心に結成された、ボサノヴァ・コーラス・ユニット"Sambacana"の初期メンバーとしても活躍した人物ですが、その作曲能力の高さ、アレンジの小気味良さ、ジャジーでメロウな演奏、サウンドの素晴らしさ、何より全編で感じ取れる、ミナスらしさを感じさせる切なげで優しいメロディセンスの素晴らしさが特筆点です。
本作は、ホベルト氏のペンによる楽曲を、1曲ごとにゲストヴォーカルを迎えて吹き込んだオムニバス形式の作品ですが、ここに集ったヴォーカル陣を眺めているだけでも、氏がいかに偉大な音楽家であるかが伝わります。まさしくミナスを代表する才能Lo Borgesをはじめ、Sergio SantosやBob Tostesなどの大御所から、Robertinho BrantやAffonsinhoなどの新鋭アーティストまで、錚々たるミナスの面子が集結しています。オープニング、柔らかなホーンに包まれてLo Borgesが歌う「01. Amor Certinho (Lo Borges)」から鳥肌モノですが、泣きのハーモニカが心に沁みる「02. Encoste o Rosto ao Meu (Carla Villar)」、ピアノ、ストリングスも美しい「03. Para Haver Amor (Tatta Spalla)」、ジョアン・ジルベルトに捧げた「06. Mania de Joao Gilberto (Marina Machado)」、軽快なスキャットも心地良い「07. Alem do Horizonte (Robertinho Brant)」、同じく軽快な「08. Samba pra Donato (Vanessa Falabella)」、“Over the rainbow”のフレーズを散りばめた「12. Cinema Saudade (Bob Tostes)」で聴かせる遊び心など、どの曲がイイ、と言う次元ではなく、全ての楽曲が"名曲"と言ってしまいたい程のクオリティであり、1枚のアルバムとして何度でも隅々まで楽しめてしまう大傑作なのです。(メーカーインフォより)


● ROBERTO GUIMARAES / サウダーヂ・ヂ・ミム
プロダクションデシネ / JPN / CD / 2,625円(税込)

メロウでメランコリック、でもしっかりと心に響き渡るサンバ/MPBの名曲の数々だけを収録。知られざるミナスの男性SSW/作曲家、ホベルト・ギマランエスが、トニーニョ・オルタなどのゲストヴォーカルをFt.して自身の楽曲を歌わせた奇跡的な名作『サウダーヂ・ヂ・ミム』。まさかの前作超えの逸品です。
ジョアン・ジルベルトの1960年の傑作2ndアルバム『O amor, o sorriso e a flor』に収録された隠れた名曲「Amor Certinho」の作曲者にして、パシフィコ・マスカレーニャスを中心に結成されたボサノヴァ・コーラス・ユニット"Sambacana"の初期メンバーとしても活躍した人物ながら、あまりその名を知られる機会の無かったミナスの偉大な才能、ホベルト・ギマランエス。彼が自身名義で残した2009年作が『サウダーヂ・ヂ・ミム』です。前作、『アモール・セルティーニョ』でも披露していた楽曲のクオリティの高さ、ジャジーな演奏/アレンジのセンスはそのままに、メランコリックでメロウな質感がひしと伝わる、ミナスらしさに満ちあふれた哀愁のメロディの素晴らしさが涙モノの名作に仕上がっています。
前作同様、ホベルト氏のペンによる楽曲を、1曲ごとにゲストヴォーカルを迎えて吹き込んだオムニバス形式の作品ですが、Toninho HortaやSeu Jorge、Carla Villarなど、現在のミナスMPBを担う素晴らしい人材が集結したヴォーカル陣を眺めているだけでも、氏がいかに偉大な音楽家であるかが伝わります。いきなりのハイライトと言えるオープニング曲「01. Minas (Marina Machado)」が、とにかく胸を締め付ける切ない名曲ですが、さらにスゴいのが「02. Sobe o Verao (Flavio Venturini)」。儚く転がるエレピの音色、穏やかに高揚する曲調も秀逸です。他の楽曲も甲乙付けがたい好曲揃いで、軽快にエレピが走る「08. Salsa e Cebolinha (Gustavo Magua e Julia Ribas)」、自身の渋い歌声で聴かせるタイトル曲「09. Saudade de Mim」、柔らかなサックスがリードするメロウなボサノヴァ「11. Gosto de Mel (Kadu Vianna)」など、本作もどの曲がイイ、と言う次元ではなく、全ての楽曲が"名曲"と言ってしまいたい程のクオリティであり、1枚のアルバムとして何度でも隅々まで楽しめてしまう大傑作なのです。
(メーカーインフォより)


03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。