現代ブラジル音楽の巨匠、エグベルト・ジスモンチのブラジルEMI録音の貴重な音源のCD化第二弾!
精神的にも体力的にも絶頂期。高度な楽曲構造やテクニックに加え、ブラジルらしい慈愛が共存する最高の2枚です。


● EGBERTO GISMONTI エグベルト・ジスモンチ / エン・ファミーリア
ボンバ・レコード / JPN / CD / 2012年07月14日 / 2,520円(税込)

長男が誕生した喜びに溢れる、子供シリーズの三部作の記念すべき第一作目。日本発CD化!
1981家族三部作の第一章。息子ブランキーニョちゃん誕生を記念して作られたというアルバム。名曲"Loro"の本テイクは彼のキャリアにおいても最高の名演のひとつだろう。重心が後ろに残るようなブラジル北東部のリズム"フォホー"をベースに、サックス、ベース、ピアノが美しいメロディの反復を繰り返しながら、だんだんと上昇していきピアノ・ソロへと繋がる流れは、ブラジル、フォルクローレ、ジャズ、クラシック、現代音楽までを縦断するジスモンチ音楽の魅力が詰め込まれている。ゼカ・アスンサオン(bass/cello)、マウロ・セニージ(s-sax/flute他)、ネネー(drums/per)にジスモンチによるピアノ/ギター/アコーディオンが加わった布陣で、オケやシンセが入らないというシンプルな編成もブラジルEMI作品の中では意外に珍しく、ジャズ的な耳で聴いても多くの発見がある。無垢さの象徴としてオリジナル・レコードではホワイト・カラー・ヴァイナルでプレスされていた。(E) 

1. Coro 
2. Don Quixote 
3. Em família 
4. Sanfona 
5. Folia 
6. Choro 
7. Auto-retrato 
8. Branquinho 
9. Passarinho 



● EGBERTO GISMONTI エグベルト・ジスモンチ / アルマ
ボンバ・レコード / JPN / CD / 2,520円(税込)

EMI音源からのマスタリングでジスモンチの繊細かつ大胆なピアノのタッチがより鮮明に。またECM盤とは収録曲が異なり 「インファンシア(幼少期)」を収録。他にも 「水とワイン」 「フレヴォ」 などベストな選曲。1986年作。日本発CD化。ジスモンチのソロピアノ作品。クラシック由来のそのテクニックを存分に堪能できる。70年代のソロピアノ演奏では(ECMだったということもあり、録音の問題もあるかもしれないが)その透明感やメロディーの美しさを味わえたものの、今ひとつ出ていなかった彼の強烈なタッチを聴くことが出来る。生で体感したことのある方なら伝わると思うが、ピアノとはここまで音が鳴る楽器なのかと言うくらいにものすごい音が鳴る。音とは空気の振動であることをここまで感じさせてしまうほど一音が重く、一音が深いピアノを僕は他に聴いたことが無い。オープニングの"Baiao Malandro”の重量感に吹き飛ばされそうになったあとに、名曲"Frevo"をsolo(ECM)でのバージョンと聴き比べてみて欲しい。本作のパワーとダイナミズムに気付くでしょう。(N)

1. Baiao malandro 
2. Palhaco 
3. Loro 
4. Maracatu 
5. Karate 
6. Frevo 
7. Agua & vinho 
8. Infancia 
9. Cigana 
03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。