● ALICE CAYMMI / ALICE CAYMMI
KUARUP / BRA / CD / 2,000円(税込)

ダニロ・カイーミ娘(つまりはドリヴァルの孫)、アリーシ・カイーミのデビュー作。ガル・コスタの最新作『ヘカント』からの影響も感じさせる王道にしてアヴァンギャルドな芸術作品!
● LENINE GUARANI / MENINO DA SILVA
KUARUP / BRA / CD / 2,000円(税込)

若くして既に成熟の域に達する存在感。脈々と流れるMPB系譜を継ぐ大型新人のデビュー作。60-70年代のカルトSSW、タイグァーラ(Taiguara)の息子タイグアラの息子、レニーニ・グアラニの1stアルバム。
● VINICIUS CANTUARIA ヴィニシウス・カントゥアリア / アパート暮らしのインヂオ
ソングエクスジャズ / JPN / CD / 2,625円(税込)

ブラジルが世界に誇る孤高のインテリジェンス・アーティスト、ヴィニシウス・カントゥアリアの最新作がついに国内リリース。坂本龍一、ノラ・ジョーンズ、ジェシー・ハリス、ビル・フリゼールといった、兼ねてより進行の深めている世界的なアーティスト、そしてリミーニャ、ダヂといった同郷ブラジルのシーンを支えるブレイン的ミュージシャンをゲストに迎えた、紛れも無い2012年のブラジル・サウンドの最重要レコーディング。



● ALICE CAYMMI / ALICE CAYMMI
KUARUP / BRA / CD / 2,000円(税込)

ダニロ・カイーミ娘(つまりはドリヴァルの孫)、アリーシ・カイーミのデビュー作。ガル・コスタの最新作『ヘカント』からの影響も感じさせる王道にしてアヴァンギャルドな芸術作品!
人気TVショー SOM BRASILへの出演やライブ・セッションなどでキャリアを積んだ実力派。父/祖父のカバーを含む全10曲。自らギターも弾きつつ、歌い綴る。SONY系列で復活したかつての名レーベル、KUARUPからのリリース。
アリーシ・カイミはリオ生まれの22歳。歌手であり作曲家として10年のキャリアを持つ。デビューは12歳のとき。バイーアのカーニバルにて、叔母のナナ・カイミとともにマルガレッチ・メネーゼスのトリオ・エレトリコに乗ったのが始まりという。その後、父ダニーロ・カイミのライブに出演するようになり着々と経験を積む。
大きなステップアップとなったのは父ダニーロと出演した2008年のSOM BRASILだ。この回はアリーセにとって祖父にあたる偉大なるバイーアのSSW、ドリヴァル・カイミを特集したショウで、ここで父ダニーロと『ネン・エウ』『サバード・エン・コパカバーナ』を歌った。2012年にはリオの新たなサンバ聖地となったラパでショウを行うなど、歌手として実力、キャリアともに今まさに成熟を迎えつつある。同時に彼女の最初の曲である『ヂアマンチ・フビ』がナナ・カイミの最新アルバムに収録されるなど、作曲家としてもその存在感を徐々に発揮し始めている。
待望のデビュー作は、そんな彼女の力量と豊かなバックグラウンドをベースにしつつ、先鋭的なエレクトロ・サウンドを取り入れた実験的なアレンジが施されたアルバムとなっている。
冒頭の『Agua Marinha』では愛と迫害をテーマに騎馬の馬を取り上げた詩的な世界観を下地に、カイミ家お得意の海を感じさせるリズムを組み合わせた楽曲。『Arco Da Aliança』は偉大なる作曲作詞家パウロ・セーザル・ピニェイロとの共作、『Mater Contínua』はへその緒の切断時における子供と母親の苦痛を・・・と、歴史や人種を超えた人類が共通して抱える様々な感情や矛盾を、実に繊細に描いていく。と同時に『Reves』ではベラ・メイレリスがドイツの詩人へルマン・ヘッセの詩の一部を朗読させてみたり、祖父ドリヴァルの名曲『Sargaço Mar』はノイズとエレクトロ・サウンドで新たな魂を吹き込むなど、一筋縄ではいかないアイディアも秀逸。そしてラストの『Unravel』は世界的な歌手であるビョークのカバー。
ブラジルという大地の大きな力に支えられながら、どこか遠い未来へと通ずるようなアレンジに彩られ、ビョークのように、アリーセの歌声も国境を越え愛されるであろう。ガル・コスタの新作『ヘカント』の世界観を更に発展させたような注目作にして問題作。末恐ろしい22歳のデビュー・アルバムである。

1. Agua Marinha 
2. Arco da Alianca 
3. Mater Continua 
4. Revés 
5. Sangue Agua e Sal 
6. Rompante 
7. Vento Forte 
8. Sargaco Mar 
9. Tudo Que For Leve 
10. Unravel 


● LENINE GUARANI / MENINO DA SILVA
KUARUP / BRA / CD / 2,000円(税込)

若くして既に成熟の域に達する存在感。脈々と流れるMPB系譜を継ぐ大型新人のデビュー作。60-70年代のカルトSSW、タイグァーラ(Taiguara)の息子タイグアラの息子、レニーニ・グアラニの1stアルバム。
ウルグアイ生まれにしてブラジル音楽界に多大な貢献を果たしたシンガーソングライター、タイグァーラ。ブラジル・シーンで近年もっとも再評価の進むアーティストの一人だが、今作の主役レニーニは、なんとそのタイグアラの実の息子。スピリチュアルな側面を持つ作品から、サンバ、そしてジョーヴェン・グアルダにいたるまで多彩な作品を残すなど一筋縄ではいかなかった父親そのままに、デビュー作となるこの1枚にも、MPBファンならば思わずうならずを得ない様々な要素が詰め込まれている。
冒頭、力強く歌われるオリジナル曲“コモ・ヴァイ・オ・アモール”で彼の才能を確信する。あえてヴォーカルに焦点を当て、アルバムのなかでももっともシンプルとすらいえるアレンジで堪能するレニーニの歌声は、すでに優れた歌い手としての風格が漂っている。#2はトッキーニョ&ヴィニシウス・ヂ・モラエス作、#3は父タイグアラの曲をカバー。とりわけ父の”サンバ・ド・アモール”は父のラスト・アルバムからの一曲。タイグアラの優れたサンバ作家としての一面を鮮やかに照らしてくれる。そして、エドゥ・ロボの名曲カバー#5“ポンテイオ”は本作のハイライト・トラック。アコーディオンとピアノの躍動感溢れるバッキングを配しつつも、あくまでレニーニ・グアラニのダイナミックな歌声を中心にした一曲。プロデューサーのペドロ・バルダンザがこのアルバムで何を一番聴かせたいのか、よく解るトラックだ。
レニーニ・グアラニ本人オリジナルの#7"ポッピ"のようなメロウなAOR風トラックのクオリティも素晴らしい。シンプルなリズム&ベースを下地にしつつ、絶妙なアレンジが彼の作る素朴なメロディを引き立てている。ドリ・カイーミの傑作"オ・カンタドール"(#10)、シコ・ブアルキ曲再演(#11)と続き、ラストは再び父タイグァーラの作ったサンバ "メニーノ・ダ・シルヴァ"。バンドリンやパンデイロ、クラリネットら温もり溢れる生楽器に包まれつつも、しっかりとした低音でいやみなく歌い上げる締めの1曲からは、既に成熟された歌い手としての才能を備えていると改めて実感できる。
歴史に名を残す父と同じように、優れたシンガーソングライターとしてMPBの中心になっていくであろうレニーニ・グアラニ。熟聴したい記念すべきデビュー作である。

1. Como Vai o Amor 
2. O Velho e a Flor 
3. Samba do Amor 
4. Catavento 
5. Ponteio 
6. O Olhar 
7. PQP 
8. Tristeza é Vagar 
9. O Cantador 
10. Agora Falando Serio 
11. Menino da Silva 



● VINICIUS CANTUARIA ヴィニシウス・カントゥアリア / アパート暮らしのインヂオ
ソングエクスジャズ / JPN / CD / 2,625円(税込)

ブラジルが世界に誇る孤高のインテリジェンス・アーティスト、ヴィニシウス・カントゥアリアの最新作がついに国内リリース。坂本龍一、ノラ・ジョーンズ、ジェシー・ハリス、ビル・フリゼールといった、兼ねてより進行の深めている世界的なアーティスト、そしてリミーニャ、ダヂといった同郷ブラジルのシーンを支えるブレイン的ミュージシャンをゲストに迎えた、紛れも無い2012年のブラジル・サウンドの最重要レコーディング。
タイトルの『インヂオ・ヂ・アパルタメント(Índio de Apartamento)』は、「アパート暮らしのインヂオ」という何とも意味深なフレーズ。インヂオの温床であるアマゾン地域の中心地マナウスで生まれ、幼少期にリオへ移りし、現在はニューヨークで暮らしているヴィニシウスが、異文化を取り込んだ自らのスピリッツを表わしたものに他ならない。インヂオとしての彼が、特にこだわりをもって選び出されたエレメントを注意深く、繊細に配置して今回のアルバムが作られたのだ。その音は、まさにヴィニシウスのアイデンティティと、NYの洗練とが見事に結実して生まれた鮮烈な輝きに満ちたもの。すべてのブラジル音楽ファン必携の超強力リリース!!

【Musicians】
VINICIUS CANTUARIA - g / vo / dr / key / perc.
JESSE HARRIS - vo (on track 7)         坂本龍一 - p (on track 2,4)
NORAH JONES - p (on track )             MARIO LAGINHA - key (on track 1)
BILL FRISELL  - g (on track 7,8,10)    LIMINHA - b (on track 7)
DADI - g (on track 10)                            OLIVER GLISSANT - ep (on track 5)

1. ウマーノス(人間)- HUMANOS (Vinicius Cantuaria) 
2. モッサ・フェイア(醜い娘)- MOÇA FEIA (Vinicius Cantuaria - Leoni) 
3. プルス河 - PURUS (Vinicius Cantuaria) 
4. アコルダ(起きて)- ACORDA (Vinicius Cantuaria – Arnaldo Antunes) 
5. ウン・ヂーア(ある日)- UM DIA (Vinicius Cantuaria) 
6. ケン・ソウ・エウ(僕がなんだというのだろう)- QUEM SOU EU (Vinicius Cantuaria) 
7. ディス・タイム - THIS TIME (Vinicius Cantuaria – Jesse Harris) 
8. ショーヴィ・ラ・フォーラ(外では雨が降っている)- CHOVE LA FORA (Tito Madi) 
9. インヂオ・ヂ・アパルタメント(アパート暮らしのインヂオ)- INDIO DE APARTAMENTO (Vinicius Cantuaria) 
10. ペー・ナ・エストラーダ - PE NA ESTRADA (Vinicius Cantuaria – Evandro Mesquita)

03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。