● TRIO FAMILIA / TRIO FAMILIA 
INDEPENDIENTE / ARG / CD / 1,800円(税込)

バンダ・エルメチカの2人にアカ・セカ・トリオのマリアノ・カンテーロを加えたコンテンポラリー・フォルクローレ+MPBの好ユニットが待望のデビュー作を発表!ブラジルからはアナ・パウラ・ダ・シルヴァ(vo)+ガブリエル・グロッシ(harmonica)がゲスト参加!
トリオ・ファミリア(ファミリー・トリオ)とは、何とも飾り気のないユニット名だが、その3ピースを構成するのはいずれも素晴らしい音楽家である。

マルコス・アルチェッティはバンダ・エルメチカの一員として、またカイマンタ・カイマンといった独自性溢れるグループのリーダー/作曲家として活躍するベーシスト。その妹アナ・アルチェッティも同じくバンダ・エルメチカの一員、コーラス・グループ:HIERBACANAのメンバーそしてハヴィエル・アルビンやフェデリコ・アレセイゴールらのコンテンポラリー・フォルクローレ・シーン最重要作において、その清廉な歌声を聴かせてくれた隠れたキーパーソンである。そしてそのアナの夫であるのがアカ・セカ・トリオの一員として知られるコンテンポラリー・フォルクローレ・シーンNo.1のパーカッショニスト=マリアノ・カンテーロ。まさに家族だけで構成されたトリオによる初名義アルバムである。
アナの清流のようなピアノとヴォーカルを軸に、心地の良いハーモニーを伴いながらもプログレッシヴに進行する#2、詩人としても高名なマルティン・ラニンクエオがゲスト・ヴォーカルで参加した#6。ハイメ・ロス(ウルグアイ)、シモン・ディアス(ヴェネズエラ/カエターノもカバーした"満月のトアダ")といった南米各地のフォルクローレを取り上げつつ、どこか1970年代以降のエリス・レジーナ・サウンドを彷彿させるエレクトリック・ピアノを使用した浮遊感溢れる演奏を繰り広げていく。その音楽的邂逅の象徴とも言えるのが#8。近年地域や国境を超えて目覚ましい活躍を続けるブラジル南部サンタ・カタリナ州出身の女性ヴォーカリスト=アナ・パウラ・ダ・シルヴァをゲストに迎えたこの曲は、ブエノスを中心としたアルゼンチンのコンテンポラリー・フォルクローレ・シーンと、ブラジル南部~ミナス~サンパウロの親和性を強く感じさせてくれる。
2012年の3月から約半年間をかけてレコーディングされたという本作は、アルゼンチン、ブラジルの巧手を迎え、フォルクローレがベースに、ブラジル音楽やジャズといったモダン・ポピュラー・ミュージックからの大きな影響を受けたサウンド。澄んだサウンドと心揺さぶるコード・ワーク&アレンジの好作だ。

MÚSICOS
Ana Archetti: piano y voz
Marcos Archetti: bajo eléctrico
Mariano Cantero: batería y percusión

INVITADOS
Ernesto Snajer: guitarra,
Diego Rolón: guitarra,
Gabriel Grossi: harmónica,
Mazin Silva: guitarra,
Ana Paula da Silva: voz
Martín Raninqueo: voz

1. Contiene Paraná
2. Apunado 
3. Destinos cruzados
4. El amanecer y el valle
5. De tinajas
6. Carta a poste restante 
7. Tudo certo
8. Revendo o Pampa 
9. Tonada de luna llena
10. Coplas al silecio
11. Azul luz
03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。