6/9より始まりました新企画ETHNIC JAZZ特集!!
ここでは世界の音楽と融合してできたジャズを世界の音楽や楽器のお話を織り交ぜながらご紹介!!
ジャズ好きはもちろん、ワールド、ロック等‥音楽好きならどなたでも一度は耳を傾けていただきたい!結構面白いもの見つかるかもしれません!!
店頭はこれからご紹介するアイテムのほとんどが試聴可能です!ぜひ、遊びにきてください!!

○KORA JAZZ TRIO/KORA JAZZ TRIO(メタ・カンパニ-/AFPCD5287)5

CD_683.JPG


あら、不思議!!コラとピアノのユニゾンがちょっとチェンバロっぽい!?コラ・ジャズ・トリオはピアノとパーカッションとコラの編成。コラとは西アフリカのセネガル周辺諸国の楽器で、「リュート」という弦楽器の子孫といったところ。一方ピアノは、イタリアでチェンバロが改良されて作られたもの。コラとチェンバロは共通点があり、方法は違えど弦を弾いて音を出す楽器。少々甲高く、張りがあるコラの音にピアノの丸みを帯びた音が重なって、チェンバロっぽく聞こえるような・・・。ジャズは主にアフリカと、ヨーロッパの音楽要素が融合してできた音楽のようですが、このトリオの楽器編成だけでもジャズの根源に通ずる何かを感じるのは私だけでしょうか。ところで、内容は・・・アブドゥライ・シャバテ(p)とムサ・シソコ(per)はセネガル、ジェリ・ムサ・ジャワラ(cora)はギネア出身とあって、全体的にアフリカ色が随所に感じられます。特に②、④、⑦では、もともと弾き語りを得意とするジェリのスキャットがアフリカの風を運んでくれますよ。国立音楽学校でジャズを学んだアブドゥライ、サルサやフラメンコなども取り入れジャンルを超えたアーティストとの競演も豊富なジェリ、アフリカの伝統的なスタイルのムサと三人三様の音楽センスががっちり組み合わさって新鮮でクールなアフロ・アコースティックに仕上がっています。

○KORA JAZZ TRIO/KORA JAZZ TRIO PART2(メタ・カンパニ-/AFPCD6296)5

90000051-pochette.jpg


琵琶法師のような語り部が西アフリカにも存在した。文字を持たなかった西アフリカの社会では「民族の記憶」を口承してきました。その重要な役割を担っていたのが、”グリオ(griot)”という語り部達。彼らは伝統的にコラを使用してきました。ジェリ・ムサ・ジャワラ(cora)はワールドミュージックシーンを牽引してきたモリ・カンテ(ジェリとは異父兄弟)の影響でコラを始めました。一貫してアコースティックにこだわって活動しており、彼もグリオの伝承者の一人。特にギニア系のグリオは絶品だとか。そのせいもあってか弾き語りを得意とする彼は2枚目のこのアルバムでも②、④、⑥、⑧、⑫と多くの歌声を披露。正直聞いただけでは歌詞がどういう意味か全くわかりませんが、天に向かって高音を出すときの力強い雄叫びが印象的。今回の作品も基本的に前回と同じ路線(多少ジャズ色が濃くなっているかも)で、1曲目から体の何処かを動かさずにはいられません。パーカッションのカラバス(巨大な瓢箪の中身をくりぬき、半円形に加工した楽器)もアフリカの匂いをぷんぷん撒き散らし、抜群の安定感で”太鼓命”のジャズの要素を支えています。⑦ではピアノとパーカッションの哀愁漂うDUOが。そして、最後の⑫はコラの弾き語りとアフリカンフルートみたいな笛の静かな演奏が彼らの原点をあらわしているようでした。

○KIP HANRAHAN/DESIRE DEVELOPS AN EDGE(EASTWORKS/EWAC1008/1009)0

0000007048.1121277314


「スピリチュアルなラテンジャズアルバム」というだけで終わらせたくない。4年ぶりに春に来日してたんですね。そのときに東京大学駒場小空間というところで、「音楽と都市」をテーマにしたイベントにも、トーク中心に出演したようです。3日間行われてたのですが、全日程無料だったらしい!!若い世代にジャズをより身近なものとして感じてもらうため、とのこと。粋ですなぁ!!1954年、アメリカのブロンクス区(N.Y.ラテンのメッカ。ヒップホップの生まれた土地とも言われている)出身である彼は、ヒスパニック(中南米からの移民やその子孫)・コミュニティの中で育ち、幼い頃からパーカッションに慣れ親しんでいました。「僕はいつも社会から阻害されていることへの怒りやフラストレーションがあって、それを音楽で表現したい気持ちがある。」と語り、NYアンダーグラウンド牽引してきたキップ・ハンラハン。そんな彼だからこそ、どんな人とも分け隔てなく音楽を共有したい気持ちが強く表れた今回の来日だったのかも知れません。あとはこのアルバムを聞いてくれ!④彼のメロウな歌声とそれに絡むサックスとパーカッションは天下一品!他にもFAR FROM FREETOWN をはじめパーカッションを全面的に押し出した最高なメロと歌声のダンスミュージックがつめられた傑作です。
03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。