【ご予約受付中】
1989年に密かにリリースされていた知る人ぞ知る傑作がついに復刻!!
ディノ・ピアナ、オスカル・ヴァルダンブリーニの名コンビをエンリコ・ピエラヌンツィが支えるという贅沢なメンバーで展開される、スリリングな極上イタリアン・ハードバップ&モード!!(塙耕記)

●ピアナ=ヴァルダンブリーニ・セクステット・フィーチャリング・エンリコ・ピエラヌンツィ / SAME / Think! Records / DTHK-019 / CD / 2,400円+税

【ご予約受付中】

アルバムの大体の印象はオープニング・ナンバーで決まる、と僕は思っている。本CDの1曲目は、題して「Lunga Vita Al Jazz」。英語にすれば“Long Life of Jazz”ということになろうか。いかにも1950年代からイタリア・モダン・ジャズの発展に貢献してきたベテラン・プレイヤー、ディノ・ピアナ(ヴァルヴ・トロンボーン)とオスカル・ヴァルダンブリーニ(フリューゲルホーン、トランペット)の双頭ユニットにふさわしい曲名だ。演奏時間も“Lunga”という言葉どおり16分を超える長尺。しかし内容は吹きっぱなし、やりっぱなしのジャム・セッションなどではなく、どこまでも緻密に練られている。まずはフリューゲルホーンとミュート・トランペットをフィーチャーしたモーダルな4ビート・ナンバーとしてスタートし、やがてテンポを落とした叙情的な展開に・・・
<中略>
・・・彼と息子のフランコ・ピアナ(フリューゲルホーン、トランペット)、そしてヴァルダンブリーニの3管が入り乱れてクライマックスへと登りつめる。1トラックの中にこんなにたくさんのモチーフを盛り込むとは、まるで組曲だ。一瞬も退屈させない、一秒も気が抜けない。それは18分を超える「Tradizione」(Tradition)、およそ彼らなりの“スケッチズ・オブ・スペイン”というべき13分半の「Spagna」(Spanish)においても不変だ。今をときめくエンリコ・ピエラヌンツィのピアノ、ロベルト・ガットのドラムスもソロにバッキングに冴えたところを発揮して遺憾がない。
※原田和典氏ライナーノーツより抜粋

Oscar Valdambrini(tp , flh)
Dino Piana(vtb)
Franco Piana(tp , flh)
Enrico Pieranunzi(p)
Massimo Moriconi(b)
Roberto Gatto(ds)  

Composers: F.Piana / E.Valdambrini

1. LUNGA VITA AL JAZZ
2. AFRICAN MOOD
3. TRADIZIONE
4. SPAGNA
5. HELLO' MR. PARKER
6. SALMANAZAR
03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。