• VINICIUS CANTUARIA / ヴィニシウス・カントゥアリア / VINICIUS CANTA ANTONIO CARLOS JOBIM / ヴィニシウス・カンタ・アントニオ・カルロス・ジョビン
























VINICIUS CANTUARIA ヴィニシウス・カントゥアリア

VINICIUS CANTA ANTONIO CARLOS JOBIM / ヴィニシウス・カンタ・アントニオ・カルロス・ジョビン

CD(4) 2,700円(税込)

商品レビュー

■ディスクユニオン・オリジナル特典■
お買上げ先着で、『ヴィニシウス・カンタ・アントニオ・カルロス・ジョビン』 ジャケット・アートワーク・デザインの特製ステッカーを進呈致します。

■ヴィニシウス・カントゥアリア2015年ニュー・アルバム■
独特のヴォイシングとタイミングを駆使し、静寂の空間に音の余韻を響かせる"ジョビン解体新書"。原曲と作者への敬意に裏付けられたパフォーマンスは、独創的であると同時にジョビンの音楽の本質を射抜く。SONG X オリジナル企画として東京で録音され、世界中から豪華ゲスト、ビル・フリーゼル、メロディー・ガルドー、セルソ・フォンセカ、沢田穣治、坂本龍一、ジョイスなどが参加。

ニューヨークのブルックリンを拠点に活動するブラジル人シンガー・ソングライター、ヴィニシウス・カントゥアリアがリオからNYに移住したのは1994年のことだった。それは、彼が昔からとりわけ敬愛してきた母国の音楽家アントニオ・カルロス・ジョビンが亡くなった年でもある。そして、そのジョビンの20周忌に合わせてリリースするつもりで2013年から録音が開始されたのが、ニュー・アルバム『Vinicius canta Antonio Carlos Jobim』である。タイトルどおり、ジョビンの作品だけをカヴァーしたコンセプト・アルバムだ。しかし当然ながらヴィニシウスの歌は、これまで星の数ほど世に出てきたジョビンの諸々のカヴァー作品とは趣が異なる。ここにあるのは、潮風と共に宙を漂うボサノヴァではない。ヴィニシウスの横顔の輪郭を浮かび上がらせるのは、水面を舞う陽光ではなく、都会のアパートのカーテンの隙間から差し込んでくる一条の白い光である。そして、密林のむせかえるような湿気と精霊を宿したかのような、ほの暗く甘美な歌声...。原曲と作者への敬意に裏付けられたパフォーマンスは、独創的であると同時にジョビンの音楽の本質を射抜く。SONG X オリジナル企画として東京で録音され、世界中から豪華ゲスト、ビル・フリーゼル、メロディー・ガルドー、セルソ・フォンセカ、沢田穣治、坂本龍一、ジョイスなどが参加。

Vinicius Cantuária: vocal, guitar & percussions

Jyoji Sawada: contrabaixo (M1)
Celso Fonseca: acoustic guitar (M1,3)
Joyce: vocal(M2)
Chico Pinheiro: acoustic guitar (M2)
Bill Frisell: electric guitar (M4,11)
Ryuichi Sakamoto: piano (M5,8)
Ayumi Hashimoto: cello (M6)
Ryoji Orihara: electric bass (M7)
Ricardo Silveira: guitar (M9)
Melody Gardot: vocal (M10)

03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。