国内帯・解説付   解説: 鈴木啓志/歌詞付
※商品本体帯に対訳付きとありますが、歌詞付き(対訳無し)の誤りです。ご注意下さい。

(画像左)
●オヴェイションズ / フックト・オン・ア・フィーリング+ハヴィング・ア・パーティ (国内CD / 税込2,625円)

なんと贅沢なCD であろうか!オヴェイションズ、72年の『フックト・オン・ア・フィーリング』(Sounds of Memphis)と73 年の『ハヴィング・ア・パーティ』(MGM)、すなわち、70年代サザン・ソウルを代表する名盤2 枚を超豪華カップリング!

 
ダン・グリアのプロデュースの下、脂の乗り切ったハイ・リズムを中心とするすばらしいバッキングに乗せて、ルイス・ウィリアムズ&オヴェイションズがなんとも味わい深いヴォーカル&ハーモニーを聴かせる!なんという多幸感!!


(画像右)
●オヴェイションズ / ワン・イン・ア・ミリオン~ザ・XL&サウンズ・オブ・メンフィス・レコーディングス (国内CD / 税込2,625円)

ルイス・ウィリアムズ率いるオヴェイションズのサウンズ・オブ・メンフィス、XLのシングル作品を中心とするコンピレーション。

 
70年代後半の作品も多く含まれているものの、ダン・グリアやジョージ・ジャクスンらのプロデュースで、純度120%のメンフィス・ソウルを存分に堪能できる!とりわけ、かつて日本のヴィヴィド・サウンドがこれらの作品をLP 化した際にタイトルにした「Sweet Thing」など、70年代の彼らのベスト作品といってもいいほど!


●ライマン・ウッダード・オーガニゼイション / ライヴ・アット・JJズ・ラウンジ1974 (国内CD / 税込2,415円)  black arkシリーズ 世界初登場音源 / 監修・解説:若杉 実



デトロイトが誇る漆黒のオルガニスト、ライマン・ウッダードが残した超絶ジャズ・ファンク・ライヴ音源発掘!ジャズ・ファンク爛熟期の1974年という最もオイシイ時代の奇蹟的瞬間がまた一つ蘇る!何と若き日のノーマ・ジーン・ベルも参加!

 デトロイトのスピリチュアル・ジャズ・レーベル、Strataにアルバムを残すオルガン奏者、ライマン・ウッダードによる未発表ライヴ音源。デトロイトのシェルビー・ホテルにあるバー、JJラウンジで週6日出演していた際の演奏で、ギターに盟友ロン・イングリッシュ、ドラムにレナード・キング、サックスにはフランク・ザッパ・バンドへの参加からデトロイト・テクノの世界にまで影響力を持った女帝ノーマ・ジーン・ベルをフィーチャー、期待通りの漆黒グルーヴを展開。まさに期待通りの阿鼻叫喚系ジャズ・ファンクである冒頭の2曲「Kimba」「On Your Mind」があまりにも壮絶。ビリー・ウッテンのライヴ盤にヤラれたような人は必聴。「Last Tango In Paris」のナイス・カヴァーもはさみつつ、ラストの30分にも及ぶグルーヴの狂乱ナンバー「Cheeba」で炎上。1970年代の黒ジャズだけが持つ信じられない世界がここに!

 ←このジャケでおなじみ!


●ロン・イングリッシュ / フィッシュフィート (国内CD / 税込2,415円)  black arkシリーズ 世界初登場音源 / 監修・解説:若杉 実



東のStrata Eastと双璧をなすスピリチュアル・ジャズ名門、Strata。
そのカタログに存在しながらも70年代当時は未発売となっていた、まさに幻の一枚がこれだ。数々のデトロイト・ジャズ名盤に参加する名ギタリストによる唯一のアルバムが世紀の復刻!

 Strataのレコードの裏ジャケにカタログとしてジャケが掲載されていながらも実物が存在しない未発売作品としてレア・グルーヴ界永遠の秘境とされてきたアルバム。上記ライマン・ウッダードのバンドにも参加している白人ギタリスト、ロン・イングリッシュによるこのアルバムには、ウッダード(org)はもとより、Strataの創始者ケニー・コックス(p)、ノーマ・ジーン・ベル(sax)、ラリー・ノズロ(sax)、マーカス・ベルグレイヴ(tp)ら錚々たるデトロイト・ジャズ人脈が参加。

 
冒頭のスタイリスティックス「You Make Me Feel Brand New」のメロウなカヴァーに始まり、延々とブルージーなギターソロで燃えまくるジャズ・ファンク「Fishfeet」、ロッキンなサウンドが痛快な「Bees」、生ギターでエキゾな雰囲気を演出するラテン・チューン「Ultima Linda」 など、全世界驚愕の7曲!


○サム・ベイカー / アイ・ビリーヴ・インユー (輸入CD / 税込2,940円)  国内帯・解説付 / 解説: 鈴木啓志



 
その昔、ヴィヴィッド・サウンドより発売された編集盤LP「サムタイムズ・ユー・ハヴ・トゥ・クライ」によって日本のソウル・ファンに紹介されたサム・ベイカーのサウンド・ステイジ・セヴン音源。それから長い年月を経た今、曲数を追加し、彼の60年代後半に残した音源を網羅した22曲入り決定盤が遂に登場!


○ヘヴィ / ファースト・セッションズ (国内CD / 税込2,625円)
 


ミニー・リパートン超え究極のハートフル・ソウル降臨!

 オランダが世界に誇るソウルの良心<キンドレッド・スピリッツ>が絶対の自信を持って送り出す大型新人、ヘヴィ。心温まる懐かしのヴィンテージ、瑞々しいアコースティック・フィーリングと現在進行形のエッジなビートが融合した奇跡の全方位サウンドで描き上げる時代の音。大ヒット・シングル「Do For You」を含むファン待望の快心作が、遂に実現!ジョヴァンカやエイドリアナ・エヴァンスのファンは絶対にチェックしてもらいたい09年の女性ボーカル大本命!

 待ってました!NY発アムステルダム経由で4年越しの本格デビュー。
NYはクイーンズ出身の女性シンガー、ニッキー・ギランドとキーボーディストでプロデューサーのケーシー・ベンジャミンによるデュオ、ヘヴィ。04年にキンドレッド・スピリッツから「Do For You」「Wonder Love」を含む4曲入りEP『HEAVY』でデビュー、大ヒットを記録したレーベル・コンピ『ソウル・パーパス・イズ・トゥ・ムーヴ・ユー』(PCD-4097)のドアタマでもいち早く「Do For You」がフックアップ、当時アルバム未発売の新人ながら多くのラジオ局でOAされ、その将来が嘱望されていた。本作は、そんな彼らの、キンドレッドからのみんなが待ってたデビュー・アルバム!

 時代を超えた天使の歌声とブリージンなサウンドで話題沸騰間違いナシ!
ミニー・リパートンを思い起こさせるスウィートでキュートなニッキーの歌声、そこに絶妙にマッチした清涼感溢れるブリージンなサウンド、リラクシンなメロディと、懐かしくもありながら研ぎ澄まされたエッジなプロダクション。これは絶対にハマります!もちろん「Do For You」「Wonder Love」など、これまで話題となったシングル曲も、バッチリ収録!



コチラも入荷中!


(画像左)
○O.V.WRIGHT / MEMPHIS UNLIMITED (輸入CD / 税込2,090円)

 ウィリー・ミッチェル・プロデュースのサザン・ソウル・クラシックス!

(画像中央)
○CANDI STATON / WHO'S HURTING NOW? (輸入CD / 税込2,090円)

  良いメロディ、良いアレンジ、良いプロデュース、そしてもちろん良いシンガーが揃いさえすれば、サザン~ディープ・ソウルの表現方法は決して過去のものでなく、優れたコンテンポラリーR&B作品を創り上げる事が出来ると証明して見せた、06年の名作『HIS HANDS』から2年...ソウル界完全カムバック第二弾となるアルバムが登場。

 衰える事のないキャンディの歌唱を支えるプロデューサーは、前作同様、アコースティック、ルーツ・トラディショナルな音創りには定評あるMark Nevers。温かく深みのあるスネアのショット音、空気感たっぷりの生のホーン隊やコーラス陣、渋く枯れ歪んだギター等、60年代マッスル・ショールズ、フェイム・サウンドをきっちり継承しながら、レイドバックやノスタルジーという罠に落ち込む事なく、実に丁寧に普遍的な音を録るという意味での、現代的なアプローチ。

 この二年の間も別プロジェクトでゴスペル・アルバムを発表していた主役キャンディのvo.も、得意の陰影ある物悲しげなサザン・バラッドをメインに、"喉も女もまだまだ現役"を濃密にアピールするファンキー・チューンを交え、浮き沈みの激しいこの世界で生き残って来たシンガーの、地力とプライドをまざまざと見せつけ、いや聴かせつけてくれます。めったに言いません...必聴!!


(画像右)
○RODNEY SAULSBERRY / BETTER THAN BEFORE (輸入CD / 税込2,405円)

 
う~ん、どこかで聞いたことあるお名前...アッ!! あのアルバムの人!? そうです!84年にLP「RODNEY SAULSBERRY」(ALLEGIANCE/AV451)をリリースしているあの懐かしのシンガー、RODNEY SAULSBERRYさんが帰って来てくれました!お元気だったんですね!

 
...と、そのお元気ご無沙汰っぷりを色々と調べてみたところ...あれ、このお方、本業は俳優さんでらっしゃったのですね。しかも小生が青春時代によく拝見していたアメリカのTVドラマ「ドクタークイン 大西部の女医物語」に出演されているではありませんか!? (youtubeで確認済み。懐かしい...)まさかまさかの再会であります。

 
さて本題のその歌声。前述の84年作でも大御所STANLEY CLARKをバックに、マイナー皿ならぬ歌声を披露してくれておりましたが、今作も素晴らしい歌声健在。バリトン・ヴォイスで80's~90'sライクな楽曲を大らかに歌い上げるそのお姿は、まさに当時のまま。いやはや、こんな出会いがあるからインディ・ソウルは止められないのであります。


●印のタイトルは店頭でご試聴できます。


※全国発送/通販承ります。お気軽にお問い合わせ下さいませ!
ディスクユニオン渋谷ジャズ/レアグルーヴ館 (TEL: 03-3461-1161)

03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。