商品レビュー

現代アルゼンチン屈指のピアニスト/作曲家、グラミー賞2部門ノミネートの最新作。フル・オーケストレーション編成を含むダークな異色作。 

ポスト・ピアソラ~コンテンポラリー・クラシック~ジャズ・インプロヴィゼーションまでを自在に行き来する作曲家・ピアニスト、フェルナンド・オテロの最新作。2015年ラテン・グラミー賞にの2部門でノミネートされた本作は、フル・オーケストラ、コーラス、室内楽アンサンブル、そしてソロ・ピアノ楽曲からなる、作曲家の多面性と際立つ個性を示したアルバム。ニューヨークを拠点にクインシー・ジョーンズ、クロノス・カルテット、エディ・ゴメス等と共演し、グラミー賞受賞・ノミネートも複数回得るなど、現代アルゼンチン音楽屈指の実力派として名声を高めてきたフェルナンド・オテロの<鬼才>ぶりが表出した異色作。華やかさ、ピュアな美しさを凝縮した代表作的な2014年作『Prima Donna』に続いてリリースされた新作は、一転してダークな雰囲気と、ロードムーヴィー風のサウンドトラックを思わせるディープなムードが基調となった作品集。重厚なオーケストレーションにどこか不穏な女性コーラスが浮遊する組曲風作品M1-3はその極みで、ダークな中にも時折メロウに煌めく官能的な旋律と、不思議な安らぎの感覚を有する中毒性の高い内容に。続くM4、M9はバンドネオンと弦楽の響きが柔らかに重なる美しい小品で、ディエゴ・スキッシと並ぶポスト・ピアソラ路線の急先鋒としての側面も表出する。M5、M10はその旋律美と、演奏家としての繊細なタッチが存分に味わえるピアノ独奏曲。ギターをフィーチャーしたM7、M8のつややかな音色を活かしたコンポーズも見逃せない。

03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。