商品レビュー

知る人ぞ知るブルー・アイド・ソウルの自主制作盤。いかにも80年代的な、打ち込みガンガンのディスコ・ビートが気持良い!

カリフォルニア出身のサックス奏者、イアン・ウィルソンの85年リリースのソロ・デビュー作です。彼は正直ほとんど名の知られていない音楽家ですが、このアルバムは、モダン・ソウル系のDJやコレクター達などを中心に人気が高く、オークションなどでも高額で落札されているのを目にします。確かにアルバムを通して高いクオリティを保った一枚といえるでしょう。

イアン・ウィルソンは本来はサックス奏者でありながら、このアルバムでは、ギターとベース以外のほとんどの楽器をこなす八面六臂ぶりをみせています。サウンドはいかにも80年代中盤のアルバムらしく、打ち込みを主体としたディスコチックなダンス・サウンドです。ダンサブルなブルー・アイド・ソウル~AORとでも言いましょうか。2曲目のタイトル・トラック「StraightFromTheHeart」や、続く3曲目の「FourInTheMorning」あたりが象徴的でしょうか。

ボーカルは男性歌手のFrankBinerが3曲、女性歌手のC.Hoatsonが1曲歌う他は、イアン本人が担当。彼の、朴訥とした歌声が妙にシティ・ポップ調の楽曲にハマっていて、プロ歌手とはまた違った味わいを出しています。そんな中で4曲目の「IfIWereYou」は、唯一打ち込み抜きのバンド・サウンドと女性ヴォーカルが印象的なボサ~ジャズナンバー。

こうして聴くとバンド・サウンドって本当に艶があって良いですね。他にも、ヘヴィー・ファンク調の8曲目「AGameCalledLove」あたりもおススメです。

※日本語ライナーは付属しません。

(メーカーインフォメーションより)


03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。