商品レビュー

アルゼンチン×ジャズ・シーンを牽引する鬼才ディエゴ・スキッシ、待望の2016年新作!
自身のキンテートによる革新と伝統が織り成す緊迫のアンサンブルでピアソラ以降の新たなアルゼンチン・ジャズの可能性を掲示した歴史的傑作!


ギジェルモ・クレインと並び現代アルゼンチン・ジャズの最前線をゆく鬼才コンポーザー/ピアニスト=ディエゴ・スキッシ。『TREN(2008)』『TONGOS(2010)』においてタンゴとジャズ、現代音楽などの音楽を融合させたオリジナリティあふれる音楽でアルゼンチン・ジャズ・シーンに新たな潮流を形成。『TONGOS EN VIVO(2011)』『TIPAS Y TIPOS(2012)』という2つのライブ・レコーディングでは、その独特のコンポジションを緊密なアンサンブルで披露し、いまもっともキンテートとして世界中のファンに強い印象を与えた。2014年にはかねてより親交の厚いアカ・セカ・トリオを迎えた『HERMANOS(2014)』をリリース。世界的な注目度も急上昇中で、『TONGOS』はアメリカSUNNYSIDEレーベルから、『HERMANOS』はコアポート・レーベルからライセンス盤がリリース。また月刊雑誌ラティーナ5月号特集「新しい世界の作曲家」でもフィーチャアされるなど、名実ともに南米の新たな才能として認識されている。

そんなディエゴ・スキッシ・キンテートの新作は久々のスタジオ録音。これまでに彼が推し進めてきたオリジナリティあふれるコンポジションをさらに深化させた現代アルゼンチン・ジャズの最前線とでもいうべき内容となっている。不穏なイントロから幕をあける#1に始まり、バンドネオンが大きくフィーチャアされたメランコリックな#2、5つの楽器が濃密に絡み合う#5、ミニマル的な要素を感じさせる#7、様々な雑音を取り入れた#9、...ピアノ、ヴァイオリン、バンドネオン、ギター、コントラバスというタンゴを髣髴させる編成から奏でられる、これまでに聴いたことのない強烈な音楽に、聴く者は圧倒されること必至だろう。アルゼンチン音楽ファンはもちろん、世界的に増殖を続けるWORLD×JAZZの傑作として多くの人に届くべき一枚である。

■ DIEGO SCHISSI QUINTETO
Diego Schissi: piano 
Guillermo Rubino: violin 
Santiago Segret: bandoneon 
Ismael Grossman: guitar 
Juan Pablo Navarro: contrabass

■帯・ライナー付国内仕様盤はこちらから


■月刊ラティーナ5月号特集:新しい世界の作曲家 NEWSはこちら
03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。