MUSIC MAGAZINE / ミュージックマガジン / ミュージック・マガジン増刊 プリンス 星になった王子様

MUSIC MAGAZINE ミュージックマガジン

ミュージック・マガジン増刊 プリンス 星になった王子様

BOOK(11) 1,800円(税込)


プリンスは、永遠にプリンスである。

今年4月に早すぎる死を遂げたプリンス。西寺郷太が彼の没後に生地・ミネアポリスを訪ねた紀行文をはじめ、小出斉による54ページにわたるアルバム・ガイドなど、同時代を共にしてきた執筆者たちが、思いをこめて、さまざまな角度からプリンス像を語ります。新作が出るたびに特集してきたミュージック・マガジンの記事も、80年代のものを中心に復刻。みんなが大好きだったプリンスのメモリアルな一冊になります。

◆グラフ~来日ツアーの記録 1986/1989/1990/1992
◆書き下ろし
プリンス私論(湯浅学)
ミネアポリス追悼・考察紀行(西寺郷太)
ザ・レヴォリューション解剖(高橋健太郎)
プリンスとロック(和久井光司)
プリンスと黒人音楽(金澤智)
黒人大衆とプリンス(堂本かおる)
ヴィジュアルの魅力(長谷川町蔵)
プリンスのフォロワー(安田謙一)
◆アルバム・ガイド
プリンスの全アルバム(小出斉)
そのほかのおもな作品(松竹剛)
◆ミュージック・マガジン・アーカイヴズ
今野雄二(1982年1月号ほか)
湯川れい子(1984年8月号)
高橋健太郎(1986年11月号ほか)
and more...


<もくじ>

■ One Day My PRINCE Had Come... 来日ツアーの記録(写真=石田昌隆、大熊一実)

■ プリンスはずっとプリンスのままである(湯浅学)
■ ミネアポリス追悼・考察紀行(西寺郷太)
■ 孤独な王子を支えたパートナーたち(高橋健太郎)
■ 80年代に最高に輝いた“ヤンチャさ”(和久井光司)
■ “ファンキー”であることの意味(金澤智)
■ ブラック・コミュニティとプリンス(堂本かおる)
■ 矛盾を武器としたヴィジュアルの魅力(長谷川町蔵)
■ プリンスのこどもたち(安田謙一)

■ アルバム・ガイド(小出斉)
■ そのほかのおもな作品(松竹剛)

■ ミュージック・マガジン・アーカイヴズ
□ 夢の王子様は成人向指定(1982年1月号)(今野雄二)
□ パープル・ジェネレーションのニュー・ヒーローを目指すプリンス(1984年8月号)(湯川れい子)
□ 2万の大観衆に降りそそいだ華麗な紫の雨(1985年1月号)(今野雄二)
□ プリンスの新たな第一歩――パープルからペイズリーへ(1985年5月号)(今野雄二)
□ 『アラウンド・ザ・ワールド・イン・ア・デイ』の面白さ(1985年6月号)(小嶋さちほ×真保みゆき)
□ すごかった! プリンス来日公演(1986年11月号)
カラフルな夢にあふれる“つくりもの”の世界(高橋健太郎)
大きく変った“異端”のイメージ(北中正和)
素直に伝わったメッセージ(椿正雄)
□ ベッドルームから届いたプリンスのニュー・アルバム(1987年5月号)(高橋健太郎)
□ もっと知りたい?  プリンスの秘密(1988年7月号)
新作『LOVESEXY』と幻の『ブラック・アルバム』(今野雄二)
シングルB面に刻まれたもう一つのプリンス・ストーリー(高橋健太郎)
□ また熱く躍動しはじめたミネアポリス・コネクション(1990年9月号)(萩原健太)
□ 『ダイアモンズ・アンド・パールズ』を発表したプリンス(1991年10月号)(高橋健太郎)


※A5判・192ページ

03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。