JAMES TILLMAN ジェイムス・ティルマン

SILK NOISE REFLEX / シルク・ノイズ・リフレックス

CD(4) 2,484円(税込)



 「新しいフォーキー・ソウル」の決定的アルバムにして、2016年の最後を飾るにふさわしい年間ベスト級の傑作がついに世界初のCDリリース! エレガントかつシルキーな歌声、ボーダーレスな感性で構築されたハイブリッドなトラック、きめ細かく繊細な音響空間まで全てが素晴らしい、極めて現代的なヴォーカル・アルバムに、極上ボーナス5曲を加えたキャリア完全版! (ライナーノーツ:国分純平)

「2014年に初めてジェイムス・ティルマンを聴いた僕は、70年代ニュー・ソウルの隠れた名盤のような『Shangri La EP』の印象を、テリー・キャリアーとダニー・ハサウェイとビル・ウィザーズを足して、ジェシ・ボイキンス3世とクリス・ターナーとマイケル・キワヌーカもさらに足して……と書いた。そして今年、USインディーやブラジル音楽をも取り入れた『シルク・ノイズ・リフレックス』を完成させたティルマンに対して、冒頭に挙げた名前にマーヴィン・ゲイとカエターノ・ヴェローゾを加えたい。」 ― 国分純平(ライナーノーツより抜粋)

ジェイムス・ティルマンは、米ワシントンDCの出身。アフリカ・バンバータからジョニ・ミッチェルまで、幅広いレコード・コレクションを持っていた両親の下、幼いころから音楽に親しみ、教会での音楽体験やクラシックの素養まで幅広いバックグラウンドを持つ。特にお気に入りだったマーヴィン・ゲイが自分と同じワシントンDCの出身だと知ったことで、音楽の道へ進む想いを一層強くし、ホセ・ジェイムスやビラル、ジェシ・ボイキンス3世も学んでいたニューヨークのニュー・スクール大学ジャズ・ヴォーカルのクラスに編入。在学中にシングル『And Then』を発表。キーボードのハビ・サンチアゴ、ベースのクリス・スミス、ドラムのオーウェン・エリクソンというニュー・スクール出身者がバックを務めた。2014年にはサンパウロで録音した『Shangri La EP』を発表。配信のみのリリースながら、橋本徹・選曲のコンピレイション『Free Soul ~ 2010s Urban-Sweet』に「Shangri La」、同じく『Folky-Mellow FM 76.4』に「And Then」、さらにジャイルス・ピーターソン選曲の『Brownswood Bubblers 11』に「Love Within」が収録され、大きな話題となった。 そしてデビュー・アルバムとなる本作では、USインディー屈指の才女メリル・ガーバスをエグゼクティヴ・プロデューサーに招き、フォーキー・ソウルの新潮流の中でも本年屈指の1枚となる傑作を作り上げた。 
(メーカーインフォメーションより)




 

03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。