WILL STRATTON ウィル・ストラットン

ROSEWOOD ALMANAC (LP)

LP(レコード)(10) 3,780円(税込)



スフィアン・スティーヴンスあたりとも交流があるカリフォルニア~NYのS.S.Wの最新作は、優しく囁くような歌声と卓越したフィンガーピッキングスタイルのギターが織り成す極上の一枚!ぱっと聴いただけでは近年の録音とは思えないのではないでしょうか。60年代から木漏れ日S.S.Wを愛してきたリスナーにこそ聴いて頂きたい、ノスタルジックで沁みる一枚です。

簡素なアコギがメインですが、ちょっとしたストリングスやサックスのアレンジもアクセントとして◎。ベストトラックは「SOME RIDE」!!NICK DRAKEあたり好きな方にも是非聴いて欲しい一枚です。


 


■ダウンロードコード付き

米カリフォルニア出身で現在はニューヨークを拠点に活動するSSW、ウィル・ストラットン。4歳の頃よりピアノのレッスンを受け始めた。2005年、高校卒業後の夏休みにファースト・アルバムとなる『What the Night Said』のレコーディングを実施。アルバムには米SSWのスフィアン・スティーヴンスがオーボエでゲスト参加しており、高い評価を得た。その後もコンスタントに作品を発表し、2012年にはブルースやフォーク/カントリーなどのアメリカ音楽を巧みにブレンドさせた4作目『Post-Empire』をリリース。同年、ステージ3の癌であることを宣告され1年間の化学療法と数回にわたる手術を受けた。闘病生活中にも楽曲制作を進め、2014年には優美なストリングスが心地良い5作目となる『Gray Lodge Wisdom』を発表。そして、前作から約3年ぶりとなる新作『ローズウッド・アルマナック』を<Bella Union>よりリリースする。優しく囁くような美しい歌声と卓越したフィンガーピッキング・スタイルのギターが織り成す極上アメリカン・フォークが詰まっている。ノスタルジックで心に沁みる1枚。

■バイオグラフィー
カリフォルニア出身のSSW。2007年、 スフィアン・スティーヴンスがオーボエでゲスト参加しているデビュー作『What the Night Said』をリリースし称賛された。コンスタントに作品を発表し、2012年にはブルースやフォーク/カントリーなどのアメリカ音楽を巧みにブレンドさせた4作目『Post-Empire』をリリース。同年、ステージ3の癌であることを宣告された。1年間の化学療法と数回にわたる手術を受けた。闘病生活中にも楽曲制作を進め、2014年にアメリカン・フォークと優美なストリングスが美しい5作目『Gray Lodge Wisdom』を発表。2017年、5月に最新作『ローズウッド・アルマナック』を<Bella Union>よりリリースする。
 

03-3461-1161
通販・買取は渋谷ジャズ/レアグルーヴ館まで。
ディスクユニオン
渋谷ジャズ/レアグルーヴ館
〒150-0042
渋谷区宇田川町30-7 アンテナ21 B1
地図はこちら

tel : 03-3461-1161
買取専用tel : 0120-168-192
(携帯電話からは03-5489-8192)
mail: dp3@diskunion.co.jp
営業時間(時短営業)12:00~21:00
disk union ジャズ専門館のご案内
disk union ソウル・ブルース専門館のご案内
disk union ラテン・ブラジル専門館のご案内
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。
Follow @diskuniondp3